CyberBinary.com


知っておきたいバイナリーオプション用語

バイナリーオプションでは、独特の用語がいくつかあります。FX海外でもそうですが、どうしても海外仕様の取引となるとそれなりの用語と言うものが出てきてしまいます。ここでは最低限知らなくてはならない用語について紹介しましょう。

highlowオプション

oirereバイナリーオプションの中でも、最も基本的なオプションです。あらかじめ設定された満期の時間に、対象銘柄のレートが購入時よりも上がっているのか、あるいは下がっているのかを予想します。他に高低オプションやラダーオプションとも言います。Binary88に代表される企業では短期取引として60秒のオプション取引などもあります。

ワンタッチオプション

満期時間までの間に、設定されたレートに一瞬でもタッチするのか、あるいはしないのかを予想するオプションです。満期時間前でもタッチした時点で、終了となります。

レンジオプション

あらかじめ設定されたレートの範囲に、満期時の対象銘柄のレートが収まるのか、あるいは外れるのかを予想するオプションです。あくまで満期時のレートが判定基準になるので、それ以前のレートの動きは関係ありません。

チケット

バイナリーオプションに投資をする時には、実際にはこのチケットを購入します。チケットの単位はロットと呼び、実際の取引きでは、例えば「1ロット100円のチケットを10ロット(1,000円分)購入」という形になります。

ペイアウト率

予想が当たった時に受け取ることができる配当金の割合です。ペイアウト率が150%であれば、投資金が1.5倍になるという意味です。このペイアウト率は、それぞれのオプションについて、販売業者が決定しており、その値は事前に決められています。また現在日本国内の証券会社が取り扱うバイナリーオプションでは、ペイアウトは1,000円などに固定されています。この場合では、予想が難しいオプションのチケットほど、購入価格が低くなり、予想が簡単ならチケットの購入金額が高くなります。

通貨ペア

バイナリーオプションの対象になる通貨の組み合わせのことです。通貨の価値は、常に他の通貨との相対的なものになるので、必ず通貨ペアになります。米ドル/円や、ユーロ/円などです。

権利放棄

満期になるまえに、すでに購入してあるオプションの権利を精算して、放棄することです。例えばあるオプションの購入後に、レートが予想と違う動きをしていて、満期まで持っていても予想が当たることはないと判断した時に、満期まで待たずに、権利放棄をします。満期まで持っていて予想が外れると、投資金は全額失うことになりますが、権利放棄の場合は、投資金の一部が戻ってきますので、それを元に、再度チャレンジができます。権利放棄ができるのかは業者によって違い、また満期の2分前までなどと決められています。

 

株価と為替

米ドルが100円を超えてきました。これで円高から円安に向かう流れが明確になってきたと思われます。日本株も日経平均は15000円を本格的に超えてきました。消費税増税、7年後の東京オリンピック、復興需要など株高要因はおおきい、株高の条件は円安です。

株価と為替どちらが先というわけでもありませんが、円安にフレ株高の流れになり、株高により円安になっていくいう上げ下げしながらですが、長期で円安株高傾向は続くと思います。アベノミクスも順調にいくと思われます。
.