CyberBinary.com


数あるFXの専門用語、どれだけ知っていますか

「ビッドとアスクの差がスプレッド」「取引回数が多くなるならスプレッド幅が狭い業者がお勧め」「レバレッジも最大で○○倍」「スワップポイント狙いの取引なら」・・・などなど金融商品の広告や紹介などでよく目にするフレーズですがこれらのFXで使われる専門用語、すべて知っていますか?

まずビッド(bid)とは買値、アスク(ask)は売値を意味しておりFX業者側が提示しているレートです。このレートを目安として投資家が外貨を売買するという流れになります。FXだけでなく短期取引で人気のバイナリーオプションでもよく使う用語ですので覚えておきましょう。

投資家が通貨を売却したいと思った時、FX業者側は「1ドル100円50銭で買取ますよ」と提示します。これがビッド=買値です。そしてFX業者側が投資家に通貨を売る際には「1ドル100円70銭で売りますよ」と提示します。これがアスク=売値です。単純に考えると投資家は1ドルを買うのに100円70銭支払うことになり、1ドルを売る時は100円50銭でしか売れないということになります。投資家側は20銭分を負担することになるわけです。この差額が「スプレッド」でFX業者への外貨交換手数料のようなものになります。

次にスワップポイントですが、これは日本円と外貨の金利差のことです。

日本の円は超低金利ということは誰もが周知の事実。しかし外貨の中には高い金利の通貨も多くあります。低金利の通貨で高金利の通貨を買うことで金利差が発生します。この金利差がスワップポイントとして外貨を購入する際に加算されていきます。

ちなみにスワップポイント狙いの取引はリスクも低く、その分得られるリターンも小さいのですが、確実に利益を重ねていくことができますし何より安心です。FXが初めてで不安という方はスワップポイント狙いの取引から始めてみるのもお勧めです。

そしてFXの醍醐味でもあるのが「レバレッジ」です。FX業者に預ける元手の資金 (証拠金) が少額だったとしても、レバレッジを利用することによりその元手を数倍にして取引することが可能です。レバレッジとはてこの原理を意味していますが、株式取引でいう信用取引のようなイメージだとわかりやすいかと思います。金融商品に関する用語はまだまだありますが、最初は経験を積み基本的なものから覚えていくようにしましょう。

 

株価と為替

米ドルが100円を超えてきました。これで円高から円安に向かう流れが明確になってきたと思われます。日本株も日経平均は15000円を本格的に超えてきました。消費税増税、7年後の東京オリンピック、復興需要など株高要因はおおきい、株高の条件は円安です。

株価と為替どちらが先というわけでもありませんが、円安にフレ株高の流れになり、株高により円安になっていくいう上げ下げしながらですが、長期で円安株高傾向は続くと思います。アベノミクスも順調にいくと思われます。
.