CyberBinary.com


ルールが簡単なことと利益を挙げるのが簡単なことは同じではない

メリットがたくさんある海外バイナリーオプションですが、もちろんデメリットも存在します。そのデメリットを、いくつか挙げてみましょう。

1.簡単に利益がでるわけではない

oiure その仕組みやルールが比較的簡単で、これまでに投資に馴染みがない人でも取り組みやすいのは、バイナリーオプションの大きなメリットです。しかしそのことが、簡単に利益を出せるということにはつながりません。投資行為である以上、株式投資やFXと同じ様に、経済や投資に関する知識や経験がある方が、利益を出せることになります。ルールが簡単なことと利益を挙げるのが簡単なことは同じではないことは、しっかりと認識しておきましょう。

2.勝率が高くないと利益が出ない

バイナリーオプションは、二者択一の予想を当てることで配当金を受け取ることができますので、その確率は、単純計算では50%ということになります。しかしこの50%の勝率では、基本的に利益を出すことができません。バイナリーオプションの配当金は、投資した金額に対する配当金の割合であるペイアウト率で決まりますが、そのペイアウト率が200%を超えるものは、多くないからです。つまりその条件で取引きを続けていく限り、勝率50%では損失が膨らんでいくだけになります。そんな条件で利益を出していくには、勝率を上げることとメリハリをつけた投資戦略を実践していくことが必要になります。

3.予想が外れたら、投資金は没収される

24オプションに代表される、バイナリーオプションでは、予想が当たればペイアウト率に乗じた配当金を受け取ることができる代わりに、予想が外れれば、投資した金額の全額が没収されることになります。これは対象の銘柄の取引きをするFXや株式投資などとは違って、権利(オプション)の売買を行なうバイナリーオプションの仕組み的な特徴です。

4.ギャンブル性がある

投資行為はお金を使う以上、ある程度のギャンブル性が存在します。しかしバイナリーオプションは、そのシンプルさから、そのギャンブル性が高いことは事実です。これといった根拠もなく、予想が当たるのか当たらないのかという取引きは、丁半博打そのものとも言えます。また1日に何十回も取引きができることも、そのギャンブル性を高めていると言えます。

投資行為であるバイナリーオプションをギャンブルにしないためには、根拠を持った冷静な判断のもとに投資を行い、自己資金管理をしっかりとする必要があります。

 

株価と為替

米ドルが100円を超えてきました。これで円高から円安に向かう流れが明確になってきたと思われます。日本株も日経平均は15000円を本格的に超えてきました。消費税増税、7年後の東京オリンピック、復興需要など株高要因はおおきい、株高の条件は円安です。

株価と為替どちらが先というわけでもありませんが、円安にフレ株高の流れになり、株高により円安になっていくいう上げ下げしながらですが、長期で円安株高傾向は続くと思います。アベノミクスも順調にいくと思われます。
.